-Wa- Japan Web Magazine

カフェ

東京のアニマルカフェ16選 (ウサギ、ハリネズミ、ブタなど)

犬カフェや猫カフェに行ったことがあるアナタ。別のアニマルカフェを探したいと思ったことはありませんか?

うさぎやハリネズミと自由に遊べるカフェを探したい!

この記事は、そう思っている人にピッタリの記事です。

この記事では、東京都内で特に人気のアニマルカフェを16店紹介します。
うさぎ、ハリネズミ、フクロウ、ペンギン、爬虫類まで、様々なお店を紹介します。お気に入りの動物がいるカフェがきっと見つかることでしょう。

それでは、どのようなアニマルカフェがあるのか​​見ていきましょう!

うさぎカフェ

もふれる (Rabbit Cafe Moff-rell)

出典:https://moff-rell.com/ja/

「もふれる」は、秋葉原駅近くにあるアニマルカフェです。小さくて可愛いうさぎと遊ぶことができます。

カフェ店内に入ると、エプロンとウサギの餌が渡されます。
そして、可愛いうさぎたちとの素敵な時間を過ごすことができます。
撫でたり、抱きしめたり、写真を撮ったりして、自由に遊ぶことができます。

あっという間に時間が過ぎてしまうことでしょう。
そのため、できれば30分コースではなく1時間コースを選ぶと良いでしょう。店内にいるすべてのうさぎと十分に遊ぶことができます。

「もふれる」はアクセスの良さもあり人気なので、予約してからお店に行くのがおすすめです。

もふれる (Rabbit Cafe Moff-rell)
公式サイト/https://moff-rell.com/ja/
アクセス/秋葉原駅電気街口より徒歩7分
料金/
・30分コース:1,300円(フリードリンク+うさぎのおやつ付き)
・60分コース:1,800円(フリードリンク+うさぎのおやつ付き)
営業時間/
・平日:12:00~20:00
・土日祝:11:00~19:00
電話番号/03-3254-2323
予約、貸切等の連絡は、電話にて受付け。
マップ/

カフェミニヨン (cafe mignon)

出典:https://www.392mig.com/

「カフェミニヨン」は、大人気のうさぎカフェです。

カフェミニヨンでは、他のうさぎカフェとは異なり、カフェスペースとうさぎと触れ合うスペースが別エリアになるよう設計されています。
カフェに入って注文(ワンオーダー制のため、おひとり様1品以上)すると、うさぎとの触れ合いができる「ふれあいルーム」に案内されます。

うさぎと触れ合うことのできる部屋を利用する場合、別途料金が発生します(10分 310円/人~)。
その部屋では、かわいいうさぎを自由に抱っこしたり、一緒に写真を撮ったりすることができます。

また、カフェミニヨンでは、うさぎを飼いたい人向けにうさぎの販売も行っています。 種類にもよりますが、およそ7万円程度で販売されています。
気になる方は、公式サイトに情報が掲載されていますので、下記URLより確認してみてください。

カフェミニヨン (cafe mignon)
公式サイト/https://www.392mig.com/
アクセス/吉祥寺駅南口より徒歩3分
料金/
・ドリンク:550円~(ワンオーダー制、おひとり様1品以上)
・うさぎとの触れ合い 平日:10分 310円/人 土日祝:10分 410円/人
(料金は、うさぎのおやつ付き)
営業時間/
・平日:13:00~18:00
・土日祝:11:30~18:00
・定休日:火曜日
電話番号/0422-26-7972
電話または公式サイトの予約フォームにて、予約が可能。
マップ/

うさびび

出典:https://usabibi.net/

池袋駅から徒歩5分ほどの比較的古いビルの5階にある「うさびび」は、アットホームな雰囲気のアニマルカフェです。

「うさびび」は、うさぎと30分遊びながらドリンク1杯700円というリーズナブルな価格が特徴で、幅広い年齢層の方が訪れます。

また、自宅で飼っているうさぎを「うさびび」に連れていき、カフェスペースで遊ばせることもできます。
尚、このサービスは予約制で有料(500円)なので、気になる方はまずはお店のホームページで情報をチェックしてみてください。

うさびび
公式サイト/https://usabibi.net/
アクセス/池袋駅西口より徒歩5分
料金/
・30分:700円(ワンドリンク付き)
・60分:1,100円(ワンドリンク付き)
営業時間/11:00~21:00(水曜定休)
電話番号/03-6914-2557
予約、貸切等の連絡は、電話にて受付け。
マップ/

豚カフェ

mipig cafe (マイピッグカフェ)

出典:https://mipig.cafe/locations/harajuku/

mipig cafeは、日本初のマイクロブタとふれあえるカフェです。

イギリス発祥で、超小型のブタさんのことを「マイクロブタ」と呼びます。
マイクロブタは愛らしくて賢く、教えれば座ったり飛び上がったりできる子もいます。

mipig cafeは、日本全国に7店舗あります。
東京では、mipig cafeは目黒駅と原宿駅にあります。どちらも移動に便利な駅なので、行きやすいのも嬉しいポイントです。

気持ちが晴れないときや、新しい発見を得たいときなど、日本でも珍しい豚カフェであるmipig cafeを訪れてみてはどうでしょうか。
子豚たちと遊べば、気分も盛り上がること間違いなしです。

mipig cafe (マイピッグカフェ)
公式サイト/https://mipig.cafe/
アクセス/
・mipig cafe 目黒:目黒駅より徒歩15分
・mipig cafe 原宿:原宿駅より徒歩5分
料金/1,100円~/30分(店舗により料金が異なります)
営業時間/10:00~18:00または20:00(店舗により異なります)
HPより要予約
地図(mipig cafe 目黒)/

地図(mipig cafe 原宿)/

pignic cafe (ピグニック カフェ)

出典:https://cafe.pignic.jp/

pignic cafeは、マイクロブタと遊べる大人気のカフェです。代々木公園近くにあります。

このカフェでは、豚たちと安心して遊べるように、全席個室となっています。
さらに、マイクロブタをカートに乗せてお散歩できるサービスもあります。

カフェの限られたスペース内で遊ぶだけでなく、お気に入りのブタを公園やショップに連れて行き、おやつをあげたり、写真を撮ったりすることができます。

お散歩サービスの参考価格:

  • ・15分:2,000円(カートレンタル代、豚のおやつ代込み)
  • ・30分:4,000円(カートレンタル代、豚のおやつ代込み)

お散歩を体験する際は、事前予約の上、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、パスポートのいずれか)と携帯電話を忘れずに持参してください。

東京都あきる野市(東京駅から車で約1時間)の pignic cafe には、pignic farm & cafeという店舗もあります。

pignic farm & cafe は、自然豊かな牧場体験型のファーム&カフェとなっており、自然の中にどっぷりと浸かり、マイクロブタと遊ぶことができます。

pignic farm & cafe も、ぜひ訪れてみてください。

pignic cafe (ピグニック カフェ)
公式サイト/https://cafe.pignic.jp/
アクセス/
・pignic cafe 代々木公園店:代々木公園駅から徒歩4分
・pignic farm & cafe あきる野店:武蔵五日市駅から徒歩30分
料金/
・pignic cafe 代々木公園店:1,400円 / 30分
・pignic farm & cafe あきる野店:1,000円 / 30分
・ドリンク:550円~(ワンオーダー制、おひとり様1品以上)
営業時間/
・pignic cafe 代々木公園店:10:00~20:00
・pignic farm & cafe あきる野店:10:00~18:00
HPより要予約
地図(pignic cafe 代々木公園店)/

地図(pignic farm & cafe あきる野店)/

カピバラカフェ

カピねこカフェ

出典:https://capyneko.cafe/

カピねこカフェは、カピバラと猫がいる珍しい動物カフェです。
興味深いことに、カフェにはカピバラと猫の両方が飼われているので、両方一緒に遊ぶことができます。

カピバラはとても穏やかで、人に撫でられるのが大好きです。
レタスをあげて食べる様子を見ていると、そのかわいさにメロメロになってしまいます。
また、ソファでくつろぎながら、カピバラの様子を眺めることができるので、とてもリラックスした時間を楽しむこともできます。

カピねこカフェはとても小さいお店ですので、週末はすぐに満席になってしまいます。行きたい場合は、事前に予約しておいた方が良いでしょう。

カピねこカフェ
公式サイト/https://capyneko.cafe/
アクセス/吉祥寺駅から徒歩5分
料金/
・60分:2,200円(ワンドリンク付き)
・延長30分:1,100円
営業時間/
・平日:13:00~18:00
・土日祝:11:00~19:00
HPより要予約
マップ/

ハリネズミカフェ

ハリネズミカフェ HARRY

出典:https://harinezumi-cafe.com/

HARRYはとても有名なハリネズミカフェです。

オープンでオシャレな空間、見た目も個性も様々なハリネズミたち、HARRYはまさにハリネズミ好きの楽園です。

ハリネズミのお腹をさすったり、餌をあげたり、手のひらに乗せたりして、ハリネズミがぐっすり眠っているのを見ていると、すべての悩みが消えていくのがわかるでしょう。

HARRYは、東京の観光名所の一つである原宿駅のすぐ近くにあるので、カフェでハリネズミと遊んだ後、そのまま原宿観光を楽しむこともできます。

ハリネズミカフェ HARRY
公式サイト/https://harinezumi-cafe.com/
アクセス/原宿駅から徒歩1分
料金/30分:1,430円~(ドリンク込み)
営業時間/12:00~19:00
公式サイトから予約が可能
マップ/

ちくちくCAFE

出典:https://hedgehoghome.cafe/

ちくちくCAFEは、カラフルな内装がかわいいハリネズミカフェです。

ちくちくCAFEでは、ハリネズミを専用のベッドやソファ、小さな浴槽などを備えたガラスケースの中で遊ばせることができます。
椅子に座っているハリネズミや、お風呂に入っているハリネズミなど、スマホをかざすだけで、どの角度からでも可愛い写真が撮れること間違いなしです。

また、ハリネズミに触ったり、手のひらに乗せて愛らしい表情を見ることもできます。

ちくちくCAFEは、カップルや小さなお子様連れのご家族に最適なカフェです。
デートのため、面白い場所を探しているならば、とてもおすすめです。

ちくちくCAFE
公式サイト/https://hedgehoghome.cafe/
アクセス/渋谷駅から徒歩2分
料金/
・30分:1,430円(ドリンク込み)
・60分:2,640円(ドリンク込み)
営業時間/13:00~18:00
公式サイトから予約が可能
マップ/

はりねずみ屋 ぽった(Potta)

出典:https://pottachick.jimdofree.com/

ハリネズミ屋 ぽった(Potta)も大人気のハリネズミカフェです。

ハリネズミ屋 ぽったでは、見るだけでなく、ハリネズミを抱っこしたり、餌をあげたり、一緒に遊んだりすることができます。

ハリネズミのかわいさに我慢できず、本物のハリネズミを育ててみたいと思っていませんか?
ぽったでは、子どものハリネズミを販売しているだけでなく、スタッフに相談すると、ハリネズミの飼い方などを詳しく教えてもらえます。

はりねずみ屋 ぽったは、店内が狭いことと、営業時間が週ごとに変わることが多いので、行く予定がある方はホームページで情報を確認してから行くと良いでしょう。

はりねずみ屋 ぽった(Potta)
公式サイト/https://pottachick.jimdofree.com/
アクセス/飯田橋駅A5出口から徒歩5分
料金/
・30分:1,900円(ワンドリンク付き)
・延長15分:500円
営業時間/
・平日:19:30~23:00(完全予約制)
・土日祝:14:00~19:00(予約なしでもOK)
・定休日、営業時間は不定です。
平日の場合は、公式サイトからの事前予約が必要です。
マップ/

フクロウカフェ

ふくろうの里 原宿店(Owlvillage HARAJUKU)

出典:https://www.owlvillage.jp/harajuku.html

ふくろうの里 原宿店は、こじんまりとした居心地の良いフクロウカフェです。

店内はカフェスペースのすぐ隣にフクロウスペースがあり、フクロウを眺めながらカフェを楽しむことができます。

もちろんフクロウに触れたり、手に乗せたりして記念写真を撮ることもできます。
タイミングが合えば、スタッフのサポートのもと、フクロウへの餌やり体験もできます。

ふくろうの里 原宿店では、フクロウのバッジやティーカップ、フクロウの形をしたガラスの置物など、かわいいお土産をたくさん販売しています。
興味のある方は、スタッフに聞いてみると良いでしょう。

ふくろうの里 原宿店(Owlvillage HARAJUKU)
公式サイト/https://www.owlvillage.jp/harajuku.html
アクセス/原宿駅から徒歩2分
料金/60分:2,000円~(ドリンク込み)
営業時間/11:00~19:00
HPより要予約
マップ/

あうるぱーく フクロウカフェ池袋

出典:https://www.owlpark.tokyo/

あうるぱーく フクロウカフェ池袋は、東京エリアで大人気のフクロウカフェです。

店内は箱庭のようなデザインになっています。 ここでは、フクロウと自由に遊んだり、飛んでいるのを眺めたりして、まるで自然の中に居るかのような気分を味わうことができます。

あうるぱーく フクロウカフェ池袋の最大の特徴は時間無制限(※)だということです。フクロウとたくさんの時間を過ごしたい方にはぴったりのカフェです。

週末の予定がない方は、ぜひ、あうるぱーく フクロウカフェ池袋へ行ってみてください。フクロウたちと穏やかなひとときを過ごすことができます。

(※) 新型コロナウイルス感染症流行の影響により、時間が制限される場合があります。
お店に行く前に、公式サイトで最新情報をご確認ください。

あうるぱーく フクロウカフェ池袋
公式サイト/https://www.owlpark.tokyo/
アクセス/池袋駅西口から徒歩2分
料金/60分:1,700円~(時間制限なし)
営業時間/
・平日:13:00~18:00
・土日祝:11:00~18:00
電話番号/03-3984-1097
電話または公式サイトの予約フォームにて、予約が可能。
マップ/

フクロウカフェ もふもふ 銀座

出典:http://mohumohu77.jp/

フクロウカフェ もふもふ 銀座は、テレビで何度も紹介され、日本の有名人が多数訪れているフクロウカフェです。

とても小さなお店ですが、常時10羽ほどのフクロウがお出迎えしてくれます。

大都会の真ん中という便利な立地にありながら、都会の喧騒から隔絶された静かな空間がこのカフェの魅力です。

以下の2つの時間帯であれば、フクロウへの餌やり体験もできます。

  • 11:00~12:00
  • 19:00~20:00

(注:要予約・別途300円)

フクロウカフェ もふもふ 銀座では、フクロウの羽根を使ったペンやピアスなどのグッズも販売しています。
フクロウの羽根は幸運をもたらすと言われており、2つとして同じものが存在しないとも言われています。
気になる方は、ぜひオンラインストアをチェックしてみてください。

フクロウカフェ もふもふ 銀座
公式サイト/http://mohumohu77.jp/
アクセス/銀座駅 A1出口から徒歩3分
料金/
・平日:2,000円/60分
・土日祝:2,200円/60分
営業時間/11:00~21:00
電話番号/03-6280-6364
電話または公式サイトの予約フォームにて、予約が可能。
マップ/

鳥カフェ

ことりカフェ 上野本店

出典:http://ueno.kotoricafe.jp/

ことりカフェ 上野本店は、上野駅からは少し歩きますが、鳥好きなら立ち寄ってみる価値のあるカフェです。

このカフェにいる小鳥は、どの子もとてもかわいいです! また、カフェの内装から、料理やドリンクの装飾まで、”かわいい”にとてもこだわっているのが分かります。
たとえば、ケーキを注文すると、鳥かごに入ったケーキや、ひな鳥の形をしたアイスクリームが浮かんだソーダが提供されます。

食事の後は、インコたちと遊ぶのを忘れないでください。
尚、ことりたちと触れ合えるのは、閉店の1時間前に終了となりますので、時間に余裕をもってお店にいくのがよいでしょう。

ことりカフェ 上野本店
公式サイト/http://ueno.kotoricafe.jp/
アクセス/上野駅 公園口から徒歩17分
料金/
・ドリンク:770円
・ことりとのふれあい体験:550円/5分(2名まで一緒に利用可能)
営業時間/
・平日:11:00~17:00
・土日祝:11:00~18:00
公式サイトから予約が可能
マップ/

ペンギンカフェ

ペンギンのいるダイニング

出典:https://penguinbar.jp/

ペンギンのいるダイニングは、本物のペンギンを見ることができるカフェ&バーです。

一般的なアニマルカフェとは異なり、時間制限がないため、水槽を泳ぐペンギンを眺めながらゆっくり食事をすることができます。

タイミングがよければ、スタッフ付き添いのもと、ペンギンへの餌やり体験もできます。
ペンギンへの餌やりは、19時前後と21時前後に行われます。 さらに、土日祝の場合は、15時前後にも追加の餌やりタイムがあります。

(時間は変更になる場合がありますので、お店に行く前に公式サイトで最新の情報を確認するようにしてください。また、ペンギンの体調など、状況次第で休みになることもあります。)

ペンギンのいるダイニングでは、通常メニュー以外にも、1人前2,980円~のコースメニューも多数用意されています。

お店を貸し切りすることもできますので、同僚や友人とのパーティーにも、いつもと違った「ペンギンのいるダイニング」がおすすめです。

ペンギンのいるダイニング
公式サイト/https://penguinbar.jp/
アクセス/吉祥寺駅 北口から徒歩2分
料金/
・料理:1,100円~
・ドリンク:550円~
・18時以降追加料金:550円/人
営業時間/
・平日:16:00~
・土日祝:11:30~23:30
電話番号/0422-27-5444
電話または公式サイトの予約フォームにて、予約が可能。
マップ/

爬虫類カフェ

東京スネークセンター(Tokyo Snake Center)

出典:https://snakecenter.jp/

東京スネークセンターは、2015年に誕生した日本初のヘビカフェです。

店内には、さまざまな模様やサイズのヘビが100匹以上います。
ほとんどが毒なしのヘビで、スタッフも付いているので、安心してヘビと触れ合うことができます。

入場料 1,100円を支払うと、ドリンクとヘビの入ったケースをテーブルに持って行き、ドリンクを飲みながらヘビを鑑賞することができます。

見るだけでは物足りない場合は、追加料金 550円~でヘビに触れたり、首に巻いたりして楽しむこともできます。

ヘビの皮は、どんな感触がしますか?
その答えが知りたい方は、東京スネークセンターに行ってみてください!

東京スネークセンター(Tokyo Snake Center)
公式サイト/https://snakecenter.jp/
アクセス/原宿駅から徒歩5分
料金/
・入場料:1,100円(ワンドリンク付き)
・ヘビとのふれあい料金:550円/2匹、1,100円/4匹
営業時間/11:00~20:00(火​​曜定休)
電話番号/03-6427-9912
電話または公式サイトの予約フォームにて、予約が可能。
マップ/

はちゅカフェ

出典:https://turboreptiles.co.jp/

ヘビだけでなく、イグアナやカメレオンなどの爬虫類好きな方に、ぜひ訪れてほしいのが「はちゅカフェ」です。

席料を払ってドリンクを注文するだけで、カフェにいる様々な爬虫類をゆっくり見ることができます。

ドリンクより、イグアナに触れたいですか?それともヘビを抱きたいですか?
スタッフに伝えれば、どちらも可能です。(有料)

はちゅカフェでは、爬虫類の販売も行っているので、ペットとして爬虫類を購入したい場合にも、こちらのお店はおすすめです。

はちゅカフェ
公式サイト/https://turboreptiles.co.jp/
アクセス/吉祥寺駅 北口から徒歩8分
料金/
・席料:大人700円、小人(小学生まで)550円
・ドリンク:550円~(ワンオーダー制、おひとり様1品以上)
・ふれあい料金:600円
営業時間/12:00~20:00(水曜定休)
電話番号/0422-27-6798
予約、貸切等の連絡は、電話にて受付け。
マップ/

アニマルカフェに行くときの注意点

アニマルカフェをより楽しむために、以下の点に注意しましょう。

  • 事前に予約する。
    ほとんどのアニマルカフェはとても小さいお店なので、2人以上で行く場合は、待ち時間を避けるために事前に予約してから行った方が良いでしょう。
  • 自分自身の安全と、動物の安全を確保するため、カフェのルールおよびスタッフの指示には必ず従ってください。
  • 動きやすい服装、汚れても大丈夫な服装で行きましょう。服装を気にせず動物たちと快適にふれあうことができます。
    また、エプロン等のレンタルを行っているかお店に問い合わせてみるのも良いでしょう。
  • 動物や他の客への迷惑を避けるため、写真を撮るときはフラッシュをオフにしてください。
  • お店によっては靴を脱ぐ必要があり、裸足での入店を断っている場合があります。靴下を準備しておいた方がよいでしょう。
  • この記事に記載している料金は、特に明記されていない場合は、すべて大人料金となっています。
    ほとんどのお店は、子供料金(または子供無料)を設定しています。子供と一緒に行く場合、お店のホームページで料金をチェックしてみてください。

まとめ

動物とふれあうことは日々のストレスを和らげるだけでなく、感情が豊かになったり、行動への意欲が湧くなどの効果があると言われています。

人生に悩みを抱えている人や、何か新しいことを始めたいと思っている人は、この記事で紹介しているアニマルカフェに足を運んでみてはどうでしょうか。

ほとんどのお店が原宿、上野、銀座などの駅近くにあるので、コーヒーを飲んだ後に観光やショッピングを楽しむことができます。

長い待ち時間を避けるために、事前に予約することを忘れないでください。

記事内の情報は執筆時点のものです。
お店に行く前に、公式サイトで最新情報をご確認ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP